OPEN/CLOSE

PRODUCT

RODDIO DRIVER HEAD / Type-M

ドライバーヘッド「Type-S」には、ミート率が向上するシャフト「S-Series」の性能を最大限に引き出すための設計が至る所に施されています。低スピン設計にもかかわらず安定した弾道が得られる重心設計やフェースに吸い付くようなマイルドな打球感等、上級ゴルファーが求めるあらゆる要素を盛り込むために、素材・構造・デザインのすべてが厳選されたヘッドです。

  • SOLE
  • FACE
  • CROWN
SOLE

btn-close_off

FACE

btn-close_off

CROWN

btn-close_off



  • SOLE
  • FACE
  • CROWN
SOLE

btn-close_off

FACE

btn-close_off

CROWN

btn-close_off

Function

  • RODDIOのドライバーヘッドは、全部で6種類の専用パーツで構成されています。そのすべてのパーツが機械加工を駆使して、精密かつ緻密に製造され、さらに、厳しい品質基準のもと徹底管理されています。この独自の構造とハイレベルな管理体制によって作られたRODDIOのドライバーヘッドは、ゴルファーに新しいゴルフクラブの「かたち」を提供します。

    4種類のパーツで構成

  • RODDIOドライバーヘッドの5つの調整機能
    1.ヘッド重量調整 2.重量配分調整
    3.ロフト角調整 4.フェース角調整
    5.ライ角調整
    これらを「ロッディオ・コンシェルジュ」がお客様のニーズにあわせて調整することで、クラブメーカーの完成品では味わえないお客様だけのオンリーワンドライバーが出来上がります。

    5要素の調整が可能

  • 独自のフェース肉厚配分設計により、最大飛距離を引き出す反発エリアとやさしさを高めるスイートエリアを同時に大きくすることを実現しました。
    また、全数検査のCT値測定管理体制を敷くことで、RODDIOのドライバーヘッドが持っている最大限のポテンシャルを、すべてのお客様にご提供することをお約束します。

    ハイパーCTフェース

  • 無数の凸円形状のRugged(ラギッド)を配し、最薄部わずか0.45mmまで極薄に設計されたクラウンパーツ。これを精密溶接して完成したコンポジット構造は、重心設計の自由度を劇的に向上させただけにとどまらず、上級ゴルファーが好むひずみの少ない吸い付くような打感までも手に入れることを可能にしました。

    ハイパーCTフェース

 

機種 Low Mid
ロフト角[ ° ] 9.0 10.5
ライ角[ ° ] 58
フェース角[ ° ] S1.0(スライス1) 0(スクエア)
ヘッド重量[ g ] 198(ハッチ、ホーゼル、スクリューの各パーツ重量を含む)
ヘッド体積[ ㎠ ] 440
素材 ボディ:6-4チタン フェース&クラウン:15-3-3-3チタン鍛造
ハッチ&ホーゼル:アルミニウム合金
 

※SLEルール適合Head : Assembled in Japan , Hatch&Hosel : Made in Japan

 

Head Cover : Made in China

  1. ロフト角は専用可変ネックホーゼルを使用した場合、±1°又は±2°の調整が可能となります。
  2. フェース角は専用可変ネックホーゼルを使用した場合、±1°又は±2°の調整が可能となります。
  3. ロフト角またはフェース角を調整した場合は、それぞれのスペックも同時に調整されますのでご注意下さい。
  4. ライ角は専用可変ネックホーゼルを使用した場合、±1°又は±2°の調整が可能となります。
  5. 商品の仕様等は、お客様に予告なく変更させていただく場合がございますので予めご了承下さい。
  6. 掲載している商品の色は、お使いのブラウザ、モニタ環境によっては実際の商品のものとは異なる場合がございます。

[ 公差について ]ロフト角±1°/ ライ角±1°/ フェース角±1°/ ヘッド重量±3g



【 更に詳しい HEAD SPEC 情報はこちら! 】
【 組立て(クラブSPEC)に関する詳しい情報はこちら! 】
【 可変ホーゼル TUNE UP 情報はこちら! 】
【 可変ホーゼル 動画はこちら! 】
【 チューニング、評価、組立例 の情報はこちら! 】