SHOP
LIST

OPEN/CLOSE

PRODUCT

RODDIO Fairway wood
ロッディオ フェアウェイウッド

Prologue(序章)

2015年1月に発売して以来、その完成度の高さ故に多くのゴルファーからの支持を獲得し異例のロングセラーとなった前作。それを超えるべく、長きにわたり要素開発、設計、試作、評価の工程を何度も繰り返し、ついに新作のフェアウェイウッドが完成しました。前作の優れた点は踏襲し、細かな改良を加えた上で新たに開発した独自の最新テクノロジーを搭載した、前作を超える自信作です。

Concept(考え方)

①変えない理由(わけ)

RODDIOが最も大切にしていること、それはすでにご使用いただいているお客様が所有感を損なうことなく長くご愛用頂くことです。最新のモデルを手にした所有感を求めるお客様ニーズというものも、もちろんございますが、RODDIOが目指しているものは、新旧かかわらずRODDIO製品を所有していること自体に価値を抱いていただくことなのです。したがって、旧製品であっても決して見た目を古びさせないようにする。外観を大きく変えない理由(わけ)もそこにあります。

②変えられない理由(わけ)

10年近くにわたって販売を継続してきたロングセラーモデル、その性能を超えることは決して容易ではありませんでした。いくつもの新規要素を盛り込みながら試行錯誤を繰り返した結果、導かれた結論は「良いものは変えない」というものでした。中でも重量配分や重心設計など基本性能に大きく影響する部分には、敢えて手を加えなかったため、全体的なフォルムは前作と変わらないものに仕上がりました。これもまた、良いものを徹底的に追求するRODDIO流のモノづくりなのです。

Update(改良)

「変えない」、「変えられない」といっても、新たに世に出す以上もちろん改良すべきところは改良しております。新モデルでは前モデル以上の完成度を目指し、8か所の改良を施しました。

1.アドレス時の「顔(かお)」の改良

  

左:前作 右:新作
前作では、つかまりの良さを訴求したため、アドレス時の顔もややフックフェースに設計しましたが、新作では、いわゆる良い顔と言われる様、フェース向きをスクエアに設計しました。

2.つかまりの改良

フェースを少しオープンに改良しつつも、前作並みのつかまり感を維持するために、ヒール側に重心を寄せるため、その部分の形状をやや厚めに設計しました。

3.クラウン部剛性の改良

フェース上部のミスヒットに対する許容を高めるために、クラウン部の溝を前作よりも若干浅く設計し、クラウン部の剛性アップを図りました。

4.リーディングエッジ部の改良

前作に比べてリーディングエッジのR形状を小さくすることでエッジが前に出てボールを拾いやすくしました。さらにグルーブ部の肉厚も厚くして剛性をアップさせたことで、トップ時のミスに対する許容を高めました。

5.ソールバンスの改良

前作に比べてソール部をリーディングエッジよりも高くなるよう設計し、バンス効果によりダフリ時のミスに対する許容を高めました。

6.フェース面処理の改良

水分や土、芝等の付着によるボールスピン量の不安定要素を低減させるためにフェース面全体にレーザーミーリングを施しました。

7.打球フィーリングの改良

ボディとソールの勘合性を高めよりソフトな打球フィーリングを得るために、ワッシャーを大幅に改良しました。

8.スクリューの改良

経年使用によるスクリューの緩みを防止するためにねじ切り部分の加工を改良し、さらに外観により高級感を出すためにミーリング加工を施した国産製の新型スクリューを採用しました。

Evolution (進化)

前作がロングセラー商品になった一番の要因は、今までフェアウェイウッドが苦手な人でもやさしく使いこなせる性能が評価されたことによるものです。しかしそれは一部のゴルファーにとっては、必要以上にボールがつかまりすぎるといった評価にもつながっていました。この相反する声に共に応えるためには、従来手法ではそれぞれのニーズに合わせたヘッドを別々に開発することでしか解決しません。しかしRODDIOは、ヘッドとソールが独立している独自の構造を活かして1つのヘッドで3つのニーズに応えることを可能にしました。コンシェルジュショップのフィッティング診断やアフターフォロー体制があるからこそ、その強みを最大限に生かしたRODDIOでしか成し得ないフルオーダーフェアウェイウッドをご提供します。

①3種の新開発ソール

新しいフェアウェイウッドでは、まず、お客様にフィットしたソールを3種類の中からお選びいただきます。

■N(ニュートラル)ソール

使用者のスイング軌道に素直に呼応する高い直進性が得られるソールです。スイング中のヘッドの回転軌道上にウエイトバーを装着することで、適度なつかまり感と気持ち良い振り抜き感が同時に得られる、今シリーズの中では最もクセの少ないスタンダードな設計です。

番手表示 #3 #4 & 5 #7
フェース角[ ° ] S1.0 S1.0 S1.0
ソール重量[ g ] 92.0 94.0 96.0

■DB(ドローバイアス)ソール

前作同様にオートマチックにボールがつかまるソールです。ソール形状はフェースアングルがやや左へ向くように設計し、つかまりの良いヘッド性能のポテンシャルを十二分に引き出せるようウエイトをソール周辺にバランスよく配分しました。さらにヘッドスピードが平均以下のゴルファーにも対応できるよう重量はやや軽めに設計しています。

番手表示 #3 #4 & 5 #7
フェース角[ ° ] H0.5 H0.5 H0.5
ソール重量[ g ] 88.0 90.0 92.0

■AH (アンチフック)ソール

パワーヒッター系に多い、フックを極力嫌うゴルファーに対応したソールです。トゥ側後方にウエイトを集中することでヘッドの返りを抑えた設計となっています。

番手表示 #3 #4 & 5 #7
フェース角[ ° ] S1.0 S1.0 S1.0
ソール重量[ g ] 92.0 94.0 96.0

②オールCNC加工

前作のノーマルソールは鋳造製法で製造していましたが、形状、重量配分、重心設計等、すべてにおいてハイレベルな精度が求められる今回は、ソール全体を個体差が少ないCNC加工で製造しています。

Adjustment Function (調整機能)

すべてのRODDIO製品において共通のセールスポイントが2つあります。1つ目は、独自の構造を活用した調整機能を持っていることで、今回のフェアウェイウッドにもより進化した調整機能が搭載されています。スピン量、重心、スピン性能、ロフト角、ライ角、フェース角等のあらゆるスペックを、個々のニーズに合わせてコンシェルジュショップが丁寧にチューニングすることでお客様が求める理想的な弾道をご提供いたします。

①ソールポケット

ソール内部のポケットに、専用調整キットを装着することで、重量、重心、スピン量のチューニングが可能となります。

②ウエイトスクリュー

3種のスクリュ-により、おもに重量のチューニングが可能になります。


  • 太陽1.7g

  • 星2.7g

  • 月3.7g

③ホーゼル

3種のホーゼルにより、0~2度までのロフト角、ライ角、フェース角のチューニングが可能となります。

Color Selection (カラー選択)

2つ目は、外観をお客様のお好みのカラーに合わせてコーディネートできることです。性能と外観を自在に選択できることで、RODDIOブランドとコンシェルジュショップが最も大切にしている、「お客様に所有感の高い製品をご提供する」ことを追求していきます。

①ボディ

■Silver (クラウン:グロスブラック)

■Black (クラウン:マットブラック)

  

※ブラック仕上げはすり傷等の外傷が目立ちやすい為、気にされるお客様には、シルバー仕上げをおすすめします。

②ソール

■Silver

③スクリュー

  • Steel
    Silver
  • Mediterranean
    Blue
  • Blood
    Orange
  • Leaf
    Green
  • Midnight
    Viola
  • Opera
    Magenta
  • Aqua
    Blue
  • Malt
    Gold
  •  
    Black
  • Pearl
    White

※カラースクリューは電着塗装仕上げのため、こすれ等により塗装が剥がれる場合がございます。気になるお客様はSteel Silver のスクリューをおすすめします。

④ホーゼル

  • Steel
    Silver
  • Mediterranean
    Blue
  • Blood
    Orange
  • Leaf
    Green
  • Midnight
    Viola
  • Opera
    Magenta
  • Aqua
    Blue
  • Malt
    Gold
  • Black
     

⑤ソケット

    • Standard
    • Honeycomb
  • Steel
    Silver
  •  Mediterranean
    Blue
  • Blood
    Orange
  • Leaf
    Green
  • Midnight
    Viola
  • Opera
    Magenta
  • Aqua
    Blue
  • Malt
    Gold
  • Metal
    Chrome
  • Pearl
    White

Specifications(仕様)

Price:62,000yen(税込68,200yen)
※#4、#7は2024年10月発売予定

番手表示 #3 Spoon #4 Baffy #5 Creek #7 Seven
ロフト角[ ° ] 15.5 17.0 18.5 21.0
ライ角[ ° ] 57.5 57.5 58.0 58.5
フェース角[ ° ] S1.0 S1.0 S1.0 S1.0
ヘッド重量[ g ] 212.6 214.6 216.6 220.6
素材 ボディ:8-1-1チタン フェース:15-3-3-3鍛造チタン
ソール:ステンレス合金 ホーゼル:アルミニウム合金

【注意事項について】

  1. ホーゼル内径はφ8.60mm、ホーゼル穴深さは30mmになります。
  2. ヘッド重量は、ボディ、Nソール、スクリュー(2.7g)×3、ホーゼル、ワッシャーを組み合わせた数値です。
  3. 各スペックの数値は、当社の測定器、条件によるものです。
  4. 商品の仕様等は、お客様に予告なく変更させていただく場合がございますので予めご了承ください。
  5. 掲載している商品の色は、お使いのブラウザ、モニタ環境によっては実際の商品のものとは異なる場合がございます。

【公差について】
ロフト角±1°/ ライ角±1°/ フェース角±1°/ ヘッド重量±3g

Price List(価格表)

パーツ カラー 価格
Nソール(ワッシャー込み) 全2色 25,000yen(税込27,500yen)
DBソール(ワッシャー込み) 全2色 25,000yen(税込27,500yen)
AHソール(ワッシャー込み) 全2色 25,000yen(税込27,500yen)
スクリュー(太陽:1.7g) 全10色 3,000yen(税込3,300yen)
スクリュー(星:2.7g) 全10色 3,000yen(税込3,300yen)
スクリュー(月:3.7g) 全10色 3,000yen(税込3,300yen)
ホーゼル(0°) 全9色 3,500yen(税込3,850yen)
ホーゼル(±1°) 全9色 3,500yen(税込3,850yen)
ホーゼル(±2°) 全2色 3,500yen(税込3,850yen)
ソケット(スタンダードデザイン) 全10色 500yen(税込550yen)
ワッシャー単体 500yen(税込550yen)

Option Price List(オプション価格表)

パーツ カラー 価格
ソケット(ハニカムデザイン) 全10色 1,000yen(税込1,100yen)
ポケットウエイトセット(N・AHソール #3用) 3,000yen(税込3,300yen)
ポケットウエイトセット(N・AHソール #4・5用) 3,000yen(税込3,300yen)
ポケットウエイトセット(N・AHソール #7用) 3,000yen(税込3,300yen)
ポケットウエイトセット(DBソール #3用) 3,000yen(税込3,300yen)
ポケットウエイトセット(DBソール #4・5用) 3,000yen(税込3,300yen)
ポケットウエイトセット(DBソール #7用) 3,000yen(税込3,300yen)

※価格は、予告なく変更する場合がございます。